スター紹介

ありのまま セラピスト
原 朋子 さん
原 朋子さん

「人は、生まれてくる家族と結婚して自分で作る家族の2つの家庭を持つ。生まれてくる家族は選べないけれど、自分がつくる家族は幸せなものにしよう」と、私は小さい頃、両親のケンカを布団の中で聞きながら、心に決めました。

そして、中学2年生のときに両親は離婚をし、私は自分の殻に閉じこもるようになりました。それから10年以上たち、カナダでの生活をキッカケに自分自身と向き合うようになり、色彩心理学のオーラソーマやヒプノセラピーの勉強を通して、自分の殻を脱ぎ、心の傷を癒していきました。その過程で、家族について深く考えるようになり、それぞれの家族に生まれてきたのには理由や役割があり、実は選んで生まれてきていることを知りました。そして、日本へ帰国し、改めて自分や家族のあり方を見つめなおし、自分の家族や過去、ありのままの自分を受け入れていきました。

現在、日本では3組に1組は離婚をしていて、その半数が子供の居る家庭です。生活の基盤となる家庭、家族を失うことは、それぞれに大きなダメージを与えます。特に、子供への影響は計り知れません。これからの日本を支える子供が健全に育つ環境は、少子高齢化が進む今、社会にとっても重要であり、大きな視野で、日本というひとつの大きな家庭の発展にもつながります。だからこそ、私は離婚のない社会をつくり、幸せな家庭を増やしていきたいと考えています。

オーガニックカフェ

そのため、妊娠中を新しい家族のあり方を考える機会とし、夫婦が話しあうことで夫婦ケンカや離婚を防ぎ、子供も安心して育てる環境で居られると考えます。子供にとって、一番大切なことは愛されること。そのためにも、まずは親自身が自分のことを愛することが必要です。

私は今、千葉県松戸市にあるママを対象にしたオーガニックカフェでカラーセラピストとして働きながら、妊娠中や子育て中のママが居る家庭を対象にした「ありのママご自宅セラピー」を行っています。子育てで引きこもりがちなママを対象に、ありのままの自分を愛するためのカラーセラピーや、ママとパパを対象にしたペアコーチングという形のファミリートークを、ご自宅に伺って行っています。出産は、子供が誕生とするのと共に、ママとパパも誕生します。「3つ子の魂、100まで」ということわざにもあるよう、妊娠中や3歳までの子育てはとても大切で、親からの影響が大です。ただ、子育てには答えはないからこそ、夫婦が話し合い、協力して子育てをしていくことが必要です。

私が小さいころに抱いた「幸せな家庭を築く」という夢は、今は「日本という大きなひとつの家庭が幸せと愛に満ちたものになる」に変わりました。そのために、ひとつひとつの家庭が幸せに満ちるよう、妊娠中を新しい家族のあり方を考える良い機会とし、親との関係性も含め、夫婦同士が話し合い、分かち合い、愛し合っていく。あなたの家庭からも、幸せな輪が広がりますよう、ご協力お願いします。


Webサイト:http://www.arinomother.jp/

Twitterアカウント:@arinomother

メッセージ

「誰もがありのままに生きることが、幸せな家庭と愛の溢れる社会につながる」をモットーに、妊娠中や子育て中のママへのご自宅セラピーやファミリートーク、千葉県松戸市にあるオーガニックカフェでカラーセラピストとして活動中。